令和1年度 第3回 小金井市出前講座


地域社会全体で障がい者を包含し、支えてゆく仕組み作りが必要なことを学ぶ。

私たちの知らなかった世界 シーズン3

講演会 

テーマ 「誰も取り残されないための地域での取り組みを考える」

    発話困難な重度身体障がい者の視点から

講演者 天畠大輔さん 株式会社Dai-job high(代表)

     日本学術振興会特別会員(SD

     中央大学文学部社会学専攻 

日時: 令和1 11 2日(土) 午後2時~430                                                        

場所: 小金井市商工会館 2F 会議室                                                                                                              

14:00                                       

14:0014:03  主催者挨拶 情報の交差点チーム代表 松本輝一

         講師「天畠大輔さん」ご紹介                     

14:0514:35  天畠大輔さん講演

        「誰も取り残されないための、地域での取り組みを考える!」 

           天の畠/天畠大輔 Official Site

           http://tennohatakenimihanarunoka.com/index.html

14:3514:50  休憩

14:5015:35   ワークショップ(案)

        「私たちに出来る事・やりたい事・やるべき事」 

       ※だれも取り残されないために、社会はどう変わればよいか?  

15:3516:05   質疑応答(案) 

        6G1題の質問又は提案発表天畠大輔さんと議論!        

16:0516:20   天畠大輔さん 感想とまとめ

16:2016:25    主催者挨拶 松本輝一 

参加費:無料(手話通訳あり)

定員 60

主催団体:任意活動団体 情報の交差点

(地域福祉ファシリテータ―養成講座8期修了生で編成)

後援:小金井市社会福祉協議会、武蔵野市民社会福祉協議会、三鷹市社会福祉協議会

協力:ルーテル学院大学


天畠大輔さん プロフィール

14歳の時、医療ミスにより、四肢麻痺・発話障がい・視覚障がいを負い、重度の障がい者となり車椅子生活を余儀なくされる。 ルーテル学院大学を経て、立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻一貫性博士課程修了【2019年3月博士号(学術)取得】。現在は、㈱Dai-job highを運営する傍ら、中央大学にて「障がい者とコミュニケーション」の研究を行う。日本で最も重い障害をもつ研究者。東京都武蔵野市在住。1981年生まれ。


ダウンロード
令和1年11月2日(土) 小金井市出前講座 天畠大輔さん講演会
天畠大輔さん講演会ちらし申込書.pdf
PDFファイル 755.8 KB